スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【動画公開】UNHCR難民映画祭上映、イスラエルに身を潜めて暮らすパレスチナ難民のゲイを描いた『いてはいけない人』上映後トーク●移民難民プロジェクトチーフ・工藤晴子



 10月5日(木)に青山学院アスタジオで開催されたUNHCR難民映画祭にて、イスラエルに身を潜めて暮らすパレスチナ難民のゲイを描いた『いてはいけない人』が上映されました。

 その上映後トークに、レインボー・アクション移民難民プロジェクトの工藤晴子チーフが出演し、セクシュアル・マイノリティであることと移民や難民であることの複合性が、当事者にどのような影響をもたらすのか等について話しました。その際の動画を公開させていただきます。

<トークで話された主な内容>
●レインボー・アクション移民難民プロジェクトの活動について
●映画『いてはいけない人』を観ての感想
●イスラエルの「ピンク・ウオッシング」に対するこの映画の態度について
●アメリカでのセクシュアルマイノリティ難民支援活動について
●移民や難民であることと、セクシュアル・マイノリティであることとは?
●支援の際に必要とされること
<質疑応答の内容>
●「セクシュアル・マイノリティ」「難民」そして「女性であること」によって起こり得る困難。
●日本の政府はセクシュアル・マイノリティ難民について、どのような対応をしているか。

UNHCR難民映画祭「いてはいけない人」トーク●レインボー・アクション移民難民プロジェクト・工藤晴子


★移民難民プロジェクトの工藤晴子チーフは、12/5(木)に開催されるレインボー・アクションシアター第2幕『UNITED IN ANGER-ACT UPの歴史-』の上映後トーク「アメリカのエイズ・アクティビズムの歴史から、今なにを読み取るか」にも出演します。→詳細はこちら。

■映画情報
『いてはいけない人』(The Invisible Men)
 <UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)難民映画祭公式サイトより>

監督:ヤリーヴ・モゼール
(イスラエル、オランダ、パレスチナ / 2012年 / 68分 / ドキュメンタリー)
協力:関西クィア映画祭2013
日本語字幕付き 英語音声または字幕付き

「ルイ、32歳、パレスチナ人。テルアビブ市内に身を潜めて8年。アブドゥ、ラマラ出身の24歳。パレスチナ当局にスパイ容疑で拷問を受ける。ファリス、23歳、西岸地区出身。親に殺されかけ、家を出てテルアビブに。ゲイとして、パレスチナ人として、幾重にも絡まりあう差別の中で、彼らに生きる場所は無い。」



レインボー・アクションは、「市井に生きるセクシュアル・マイノリティと友人たちの生活感覚と存在を、社会的に可視化して行く目的」で活動しています。
公式サイト
http://www.rainbowaction.net/
Twitter
https://twitter.com/#!/Rainbow_Action
Facebook
http://www.facebook.com/RainbowAction

◆レインボー・アクションの活動はカンパで運営しています。上記の活動を続けるには、ミーティングやイベント開催のための会場使用料、事務経費、郵送料、交通費、デモや街頭アクション開催のための車両レンタル代、横断幕制作費などの出費が見込まれます。今後も活発に活動を続けるためにも、ご支援・ご協力をお願いいたします。
カンパに関する詳細はこちら。
スポンサーサイト

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

UNHCR難民映画祭『いてはいけない人』10/5(土)の上映後トークに、移民・難民プロジェクトチーフの工藤晴子が出演します。

 9月28日(土)から東京で、第8回UNHCR難民映画祭が開催されます。

 「普段は沈黙を強いられがちである難民一人ひとりの物語を伝え、彼らの直面する困難をより深く理解していただくことを目的」に、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の主催で世界中の様々な難民に関する映画が上映されます。

 今年は、セクシュアル・マイノリティに関する映画『いてはいけない人』の上映も行われるのですが、10月5日(土)の上映後トークに、レインボー・アクションの移民・難民プロジェクトチーフ、工藤晴子が出演することになりましたので、お知らせします。

 当日は、作品に関する解説のほか、日本国内におけるセクシュアルマイノリティの移民・難民問題に取り組んできたレインボー・アクションの「移民・難民プロジェクト」のこれまでの活動についてもお話します。多くの方に関心を持っていただける契機になればと思っております。上映は無料(カンパも受付)。皆さまぜひ、足をお運びください。

 以下、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)難民映画祭公式サイトより

■映画情報
『いてはいけない人』

監督:ヤリーヴ・モゼール
(イスラエル、オランダ、パレスチナ / 2012年 / 68分 / ドキュメンタリー)
協力:関西クィア映画祭2013
日本語字幕付き 英語音声または字幕付き

「ルイ、32歳、パレスチナ人。テルアビブ市内に身を潜めて8年。アブドゥ、ラマラ出身の24歳。パレスチナ当局にスパイ容疑で拷問を受ける。ファリス、23歳、西岸地区出身。親に殺されかけ、家を出てテルアビブに。ゲイとして、パレスチナ人として、幾重にも絡まりあう差別の中で、彼らに生きる場所は無い。」

【YouTube】The Invisible Men Official Trailer- HQ


2013年9月29日(日) 18:00 イタリア文化会館
2013年10月5日(土) 18:30 青山学院アスタジオ ★上映後トーク出演:工藤晴子(10/5のみ)
会場案内はこちら。
◆入場料はいただいておりませんが、各会場にてご寄付を募っております。
ご入場は先着順となります。(予約不可)
各回1時間前より会場にて入場整理券の配布を開始いたします。
各回20分前の開場となります。(前のプログラムが終了していない場合を除く)
各回完全入替制です。

【工藤晴子(レインボー・アクション)プロフィール】
 国内難民支援団体勤務を経て、現在はセクシュアル・マイノリティの市民活動団体「レインボー・アクション」の移民・難民プロジェクトチームのチーフとして、日本の入国管理とセクシュアリティの問題に取り組む。また、ニューヨーク市のLGBT Community Centerや、バークレー市のEast Bay Sanctuary Covenantでの活動を通して、アメリカをフィールドにセクシュアル・マイノリティの難民問題について研究を行う。一橋大学大学院博士後期課程在籍。日本学術振興会特別研究員。



レインボー・アクションは、「市井に生きるセクシュアル・マイノリティと友人たちの生活感覚と存在を、社会的に可視化して行く目的」で活動しています。
公式サイト
http://www.rainbowaction.net/
Twitter
https://twitter.com/#!/Rainbow_Action
Facebook
http://www.facebook.com/RainbowAction

◆レインボー・アクションの活動はカンパで運営しています。上記の活動を続けるには、ミーティングやイベント開催のための会場使用料、事務経費、郵送料、交通費、デモや街頭アクション開催のための車両レンタル代、横断幕制作費などの出費が見込まれます。今後も活発に活動を続けるためにも、ご支援・ご協力をお願いいたします。
カンパに関する詳細はこちら。

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

【抗議声明】法務省入国管理局によるフィリピン国籍者75人の一斉集団強制送還が、個人の意思を表明する権利や意思が尊重されないままに実施されたことについて強く抗議を表明する。

 メディア報道、関連諸団体の情報により、2013年7月6日午前、法務省入国管理局が非正規滞在のフィリピン国籍者75人を 民間のチャーター機を利用して一斉に強制送還したことが分かりました。

 帰国の意思を示していない者、様々な理由で日本に引き続き滞在することを希望する者も、無理やり送還されたようです。レインボーアクションは、今回の送還が、当事者の意思に反して無理やりに行われたことに対して抗議の意を表明します。



[一斉強制送還の実施に対する抗議声明]

 2013年7月6日午前、法務省入国管理局は非正規滞在のフィリピン国籍者75人に対して、民間のチャーター機を利用して一斉に強制送還を行った。報道、関連諸団体の情報により、帰国の意思を示していない者、様々な理由で日本に引き続き滞在することを希望する者も今回の送還の対象者に含まれ、何らかの方法で意思に反して無理やりにチャーター機に乗せられたといえる。

 強引な強制送還の実施は生命にかかわる危険な行為である。2010年3月22日にガーナ国籍ABUBAKAR AWUDU SURAJさんが、東京入国管理局によって国費送還される際、タオルや手錠を使用した同管理局の警備官らの暴行によって死亡したことからも、その致命的な危険性は明らかである。

 また、帰国・送還を希望しない者が日本に在留する必要性や可能性は、本来個別の状況に基づいて判断されるべき事柄であり、同国籍集団での一斉送還が実施された際に、個人の意思の確認や正当な手続きが個々の状況に合わせて適切になされたとはいえない。今回の送還について、日本に26年間滞在していた当事者がTBSの報道取材に対して 「けさ(6日)の5時ごろ、バスの中に入れられて成田まで連れて行った。無理やりに」、と応じたことからも明らかである。このように、本人及び様々な形で家族として本人に関係する人々に対して、十分に送還についての説明・通知がなされていないことは、被拘禁者保護原則(1988年国連総会採択)の原則16に違反する。

 レインボー・アクションは、今回の法務省入国管理局の一斉集団強制送還が、個人の意思を表明する権利や意思が尊重されないままに実施されたことについて強く抗議を表明する。

2013年7月7日
レインボー・アクション 移民難民プロジェクト



レインボー・アクションは、「市井に生きるセクシュアル・マイノリティと友人たちの生活感覚と存在を、社会的に可視化して行く目的」で活動しています。
公式サイト
http://www.rainbowaction.net/
Twitter
https://twitter.com/#!/Rainbow_Action
Facebook
http://www.facebook.com/RainbowAction

◆レインボー・アクションの活動はカンパで運営しています。上記の活動を続けるには、ミーティングやイベント開催のための会場使用料、事務経費、郵送料、交通費、デモや街頭アクション開催のための車両レンタル代、横断幕制作費などの出費が見込まれます。今後も活発に活動を続けるためにも、ご支援・ご協力をお願いいたします。
カンパに関する詳細はこちら。

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

【動画】レインボー・アクション移民・難民プロジェクトチーフ、工藤晴子による活動報告●パルシステム東京市民活動助成基金・成果報告会



 6月26日(水)、飯田橋にある東京都消費生活総合センターにて、パルシステム東京の市民活動助成基金活動成果発表会が行われました。

 レインボー・アクション移民・難民問題を考えるプロジェクトでは、2012年度の助成対象団体として選出され、牛久入管への面会活動、被収容者支援キャンペーン、MtFトランスジェンダー3名の方々の「仮放免」立会い、活動報告書の作成、そして今後の活動で活用することになるパンフレットの作成などを行ってきました。

 報告会では17団体が出席する中、移民・難民プロジェクトチーフの工藤晴子から、この一年間の活動成果を報告させていただきました。動画公開の許可を主催者側にいただきましたので、こちらに掲載させていただきます。

【YouTube】レインボー・アクション移民・難民プロジェクトチーフ、工藤晴子による活動報告●パルシステム東京市民活動助成基金・成果報告会 


<この間の主な活動についてのブログ記事>
●【緊急キャンペーン中】レインボー・アクション移民・難民問題を考えるプロジェクト 『東日本入国管理センター被収容者支援キャンペーン2012』2012-08-31
http://rainbowaction.blog.fc2.com/blog-entry-29.html

●【NEWS!】移民難民PTが面会を続けていたMtFのミッシェルさんがついに仮放免になりました!「みなさんのおかげです。本当にありがとうございます」とご本人のコメントです。キャンペーン基金等へご協力くださった皆様に改めてお礼を申し上げます。2012-10-03
http://rainbowaction.blog.fc2.com/blog-entry-50.html

●【NEWS!】生活協同組合パルシステム東京の市民活動助成基金に、レインボー・アクションが選出されました。主に移民・難民問題PTの活動について助成を受けます。2012-10-11
http://rainbowaction.blog.fc2.com/blog-entry-55.html

●レインボー・アクション移民・難民問題を考えるプロジェクトでは、東日本入国管理センターの所長宛てに「要望書」を提出しました。2013-02-16
http://rainbowaction.blog.fc2.com/blog-entry-81.html

●『セクシュアル・マイノリティと入国管理収容施設における問題 ~レインボー・アクション移民・難民問題を考えるプロジェクト活動報告2013』
http://rainbowaction.blog.fc2.com/blog-entry-84.html

●【NEWS!】本日、牛久入管に長らく収容されていたMtFトランスジェンダーのお一人が、「仮放免」となりました。2013-06-03
http://rainbowaction.blog.fc2.com/blog-entry-123.html

●【NEWS!】本日、牛久入管に収容されていたMtFトランスジェンダーの方が新たに「仮放免」となり、レインボー・アクション移民・難民プロジェクトのメンバーが会いに行きました。2013-06-10
http://rainbowaction.blog.fc2.com/blog-entry-125.html

 移民・難民プロジェクトでは、今後も入管被収容セクシュアル・マイノリティに関する情報収集や、この問題のアドボカシー活動に取り組んでまいります。どうぞ引き続きご支援・ご協力をお願いいたします。



レインボー・アクションは、「市井に生きるセクシュアル・マイノリティと友人たちの生活感覚と存在を、社会的に可視化して行く目的」で活動しています。
公式サイト
http://www.rainbowaction.net/
Twitter
https://twitter.com/#!/Rainbow_Action
Facebook
http://www.facebook.com/RainbowAction

◆レインボー・アクションの活動はカンパで運営しています。上記の活動を続けるには、ミーティングやイベント開催のための会場使用料、事務経費、郵送料、交通費、デモや街頭アクション開催のための車両レンタル代、横断幕制作費などの出費が見込まれます。今後も活発に活動を続けるためにも、ご支援・ご協力をお願いいたします。
カンパに関する詳細はこちら。

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

【NEWS!】本日、牛久入管に収容されていたMtFトランスジェンダーの方が新たに「仮放免」となり、レインボー・アクション移民・難民プロジェクトのメンバーが会いに行きました。



 本日、牛久入管に収容されていたMtFトランスジェンダーの方が「仮放免」となり、レインボー・アクション移民・難民プロジェクトのメンバーが、会いに行きました。

 長期収容を乗り切ったご本人からは、面会活動への感謝が述べられ、プロジェクトメンバーは、ガラス越しではなく直に会える事実を喜びました。

 移民・難民プロジェクトの活動にご支援・ご協力をいただきました皆様、ありがとうございました。当プロジェクトでは引き続き、入国管理におけるセクシュアル・マイノリティに関する問題に取り組んでいきます。ご支援・ご協力をお願いいたします。

レインボー・アクション移民・難民プロジェクトチーフ 工藤晴子

★レインボー・アクション「移民・難民問題を考えるプロジェクト」は、「移民・難民プロジェクト」に改名いたしました。



レインボー・アクションは、「市井に生きるセクシュアル・マイノリティと友人たちの生活感覚と存在を、社会的に可視化して行く目的」で活動しています。
公式サイト
http://www.rainbowaction.net/
Twitter
https://twitter.com/#!/Rainbow_Action
Facebook
http://www.facebook.com/RainbowAction

レインボー・アクションの活動はカンパで運営しています。上記の活動を続けるには、ミーティングやイベント開催のための会場使用料、事務経費、郵送料、交通費、デモや街頭アクション開催のための車両レンタル代、横断幕制作費などの出費が見込まれます。今後も活発に活動を続けるためにも、ご支援・ご協力をお願いいたします。

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

【NEWS!】本日、牛久入管に長らく収容されていたMtFトランスジェンダーのお一人が、「仮放免」となりました。



 本日、牛久入管に長らく収容されているMtFトランスジェンダー2名のうち、1名が「仮放免」となりました。

 レインボー・アクションの移民・難民問題を考えるプロジェクトのメンバーも、現場で立ち会いました。そして、メンバー有志で薔薇の花束をお渡しし、お食事やカラオケをご一緒し、ガラス越しに会わずに済むようになった事実を確かめ、喜び合いました。

 今後も、お一人で牛久入管(東日本入国管理センター)に収容され続けてしまう方への面会活動や、リサーチ活動等を継続してまいります。



レインボー・アクションは、「市井に生きるセクシュアル・マイノリティと友人たちの生活感覚と存在を、社会的に可視化して行く目的」で活動しています。
公式サイト
http://www.rainbowaction.net/
Twitter
https://twitter.com/#!/Rainbow_Action
Facebook
http://www.facebook.com/RainbowAction

レインボー・アクションの活動はカンパで運営しています。上記の活動を続けるには、ミーティングやイベント開催のための会場使用料、事務経費、郵送料、交通費、デモや街頭アクション開催のための車両レンタル代、横断幕制作費などの出費が見込まれます。今後も活発に活動を続けるためにも、ご支援・ご協力をお願いいたします。

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

『セクシュアル・マイノリティと入国管理収容施設における問題 ~レインボー・アクション移民・難民問題を考えるプロジェクト活動報告2013』

 レインボー・アクション移民・難民問題を考えるプロジェクトでは、2011年夏より茨城県牛久市にある、東日本入国管理センターを中心に、面会活動を行ってきました。

 トランスジェンダーの被収容者の方々の経験を知る機会を得て、ジェンダーやセクシュアリティのあり方が規範的ではないことによって生じる出入国管理に関する手続き上での問題や、収容の困難について、認識するに至りました。

 今回のイベントでは、収容をめぐる問題について、セクシュアル・マイノリティの被収容者の現状から考えていきたいと思います。当プロジェクトのこれまでの活動報告を行ったうえで、長期収容を経験されたトランスジェンダー当事者ならびに、性同一性障害に関する医療の第一人者として知られる針間克己さんから、コメントを頂く予定です。

*本イベントはパルシステム東京市民活動助成基金の助成を受けて実施されます。

レインボー・アクション第11回主催イベント
『セクシュアル・マイノリティと入国管理収容施設における問題 ~レインボー・アクション移民・難民問題を考えるプロジェクト活動報告2013』

■日時:2012年3月20日(祝)14時~16時
■会場:四谷地域センター 集会室B
■ゲスト:
・針間克己さん(はりまメンタルクリニック、日本性科学会幹事長、GID学会理事)、
・Mさん(予定・被収容経験のあるトランスジェンダー当事者)
■活動報告:
・工藤晴子(レインボー・アクション 移民・難民問題を考えるプロジェクト チーフ)
■司会:
・根来祐(映像作家、レインボー・アクション移民・難民問題を考えるプロジェクト)
■参加費:無料
■主催:レインボー・アクション

収容の問題とは―

 日本政府はその時々の社会・経済情勢によって、特定の分野の労働力として外国人を受け入れる政策を取ったり、また、入国を制限したりしています。そうした過程のなかで、日本に入国した方々の多くは、周囲の人々との関係性を築いて生活をし、日本社会に根を下ろしてきました。

 しかし、そうした事実とは無関係に、在留資格の更新・変更が認められなかった、手続きができなかったなど、様々な事情によって入管法違反となり、入管収容施設へ恣意的に収容されてしまうことがあります。明確な規定が無く無期限に続く収容は、移動の自由などの基本的人権を著しく侵害します。

 医療や通信へのアクセスが制限され、多くの被収容者は心身の健康を害しています。被収容者は、出身国へ送り返される恐れ、日本にいる友人や家族と引き離される不安を抱えながら、非人道的な環境に置かれています。トランス・ジェンダーの被収容者について言えば、例えば女性としてのアイデンティティを自ら主張しているにもかかわらず、男性用の施設に収容されるなど、尊厳を傷つけられるような取り扱いを受けていることもあります。



レインボー・アクションは、「市井に生きるセクシュアル・マイノリティと友人たちの生活感覚と存在を、社会的に可視化して行く目的」で活動しています。
公式サイト
http://www.rainbowaction.net/
Twitter
https://twitter.com/#!/Rainbow_Action
Facebook
http://www.facebook.com/RainbowAction

レインボー・アクションの活動はカンパで運営しています。上記の活動を続けるには、ミーティングやイベント開催のための会場使用料、事務経費、郵送料、交通費、デモや街頭アクション開催のための車両レンタル代、横断幕制作費などの出費が見込まれます。今後も活発に活動を続けるためにも、ご支援・ご協力をお願いいたします。

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

レインボー・アクション移民・難民問題を考えるプロジェクトでは、東日本入国管理センターの所長宛てに「要望書」を提出しました。

 レインボー・アクション移民・難民問題を考えるプロジェクトでは、一昨年の夏より、茨城県の牛久市にある東日本入国管理センターに収容されているMtFの方々等への面会活動を続けながら、被収容者に対する待遇の改善と早期の仮放免を求め続けてきました。

 今月はメンバーでの集団面会を2回行い現在でも続いている長期収容における実態を調査。2月1日には下記のような要望書を提出しましたので掲載させていただきます。

★なお3月20日(祝)午後に、当プロジェクトの活動報告と今後の展望について討議するトークイベントを開催することが決定しています。ぜひ多くの人々に、知っていただきたく思っています。引き続きのご支援とご協力をよろしくお願いいたします。




要望書

2013年2月1日
東日本入国管理センター 所長 福山宏殿

レインボー・アクション
代表 島田暁
移民難民問題を考えるプロジェクト 工藤晴子

 当団体は,貴センターにおいて2011 年夏から面会活動を行っております。被収容者より繰り返し待遇改善の要望がなされ,数度にわたる医療と長期収容、仮放免申請についての要求が行われています。当団体では関係機関から情報提供を受けるとともに,被収容者との面談を繰り返し、状況の把握に努めてきました。その結果,貴所において一定の対応はされているものの,依然として改善を要する点があり,特に下記の点については,早急に改善を図られるべき事項と思われます。速やかに対応されるよう要望します。



1. 東日本入国管理センターにおいては、1 年以上に及ぶ長期に収容されているものを即時仮放免許可とすること。
2. 仮放免申請を不許可とする場合には,具体的な理由を示されること。
3. 定期的に健康診断を行うとともに,当人の望む適切な医療を即時に提供されること。
4. 被収容者の声に真摯に耳を傾け,被収容者を人として尊重し、要望事項に対し誠実に協議されること。

要望の理由

1. 収容期間が長期に及ぶこと

 収容は身体の自由、通信の秘密等の基本的人権を著しく侵害します。被収容者が長期の収容による拘禁反応から心身に悪影響を受け、恒常的な体調不良を訴えている現状があります。長期間、外部への十分な連絡手段がない施設に収容され、心身ともに苦痛を感じている被収容者も散見され、自殺念慮を抱き、自殺行動を起こす者もいます。仮放免許可によって長期収容を早期に解消していくことが最も適切な対応と思われます。

2. 仮放免許可基準の不明確さ

 どのような事案であれば許可が出るのか明確な基準がなく,不許可になった際の理由が不明です。理由が具体的に示されないため,どのような条件のもと仮放免許可を申請すべきか、被収容者は自らの状況を的確に理解するための情報を得ることができません。十分な情報を与えずに一方的に拘束状態を継続することは暴力行為といえます。仮放免不許可の際には具体的な理由を申請者に提示することが望まれます。

3. 医療面での待遇改善の必要性

 被収容者について定期的な健康診断の実施がなされていません。ある被収容者は下血が1年近く続いていますが、外部医療を受けても原因不明でその後の対応がなされていません。また、極度な高血圧や低血圧など体調の乱れも頻繁に起きています。被収容者の疾病の早期発見のため,定期的な健康診断を実施する必要性が認められ、また、貴施設内医療機関では対応することができない場合は、直ちに外部専門医療機関での適切な診療が必要です。

 医療ネグレクトが多くの被収容者から報告されています。被収容者処遇規則30条1項は,「所長等は、被収容者がり病し、又は負傷したときは、医師の診療を受けさせ、病状により適当な措置を講じなければならない。」と規定し,また同条2項は,「収容所等には、急病人の発生その他に備え、必要な薬品を常備しておかなければならない。」と規定しています。診療と治療を求める被収容者に対して十分な対応をとることができない現状では、即時の仮放免をすることが適切な対応と思われます。

4.被収容者の声に真摯に耳を傾け、個人の尊厳を尊重すること。

 被収容者は、外部医療機関受診の機会などを要望し、仮放免不許可の理由を提示するよう求めている意見が無視されていると感じています。被収容者の意見に真摯に耳を傾け、身体、精神、文化、性などに関する被収容者個人の尊厳を尊重することを望みます。

5. 結語

 以上の理由により,当団体は,頭書のとおり要望いたします。

 以上



レインボー・アクションは、「市井に生きるセクシュアル・マイノリティと友人たちの生活感覚と存在を、社会的に可視化して行く目的」で活動しています。
公式サイト
http://www.rainbowaction.net/
Twitter
https://twitter.com/#!/Rainbow_Action
Facebook
http://www.facebook.com/RainbowAction

レインボー・アクションの活動はカンパで運営しています。上記の活動を続けるには、ミーティングやイベント開催のための会場使用料、事務経費、郵送料、交通費、デモや街頭アクション開催のための車両レンタル代、横断幕制作費などの出費が見込まれます。今後も活発に活動を続けるためにも、ご支援・ご協力をお願いいたします。

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

【NEWS!】生活協同組合パルシステム東京の市民活動助成基金に、レインボー・アクションが選出されました。主に移民・難民問題PTの活動について助成を受けます。

 レインボー・アクションでは、現在「東日本入国管理センター被収容者支援キャンペーン』を行っている移民・難民問題プロジェクトの活動について、生活協同組合パルシステム東京の「2012年度市民活動助成基金」の助成を受けることが決定しました。

 10月12日(金)に伝達式がパルシステム東京 新宿本部にて開催され、代表の島田暁が出席します。

 レインボー・アクションの「移民・難民問題プロジェクト」では、今後も牛久入管に収容されているMtFの方々の支援、仮放免後のサポートなどの活動を展開してまいります。また、この活動を通して得た経験を、レポートとしてまとめることを計画しております。今後の活動にもご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。



レインボー・アクションは、「市井に生きるセクシュアル・マイノリティと友人たちの生活感覚と存在を、社会的に可視化して行く目的」で活動しています。
公式サイト
http://www.rainbowaction.net/
Twitter
https://twitter.com/#!/Rainbow_Action
Facebook
http://www.facebook.com/RainbowAction

レインボー・アクションの活動はカンパで運営しています。上記の活動を続けるには、ミーティングやイベント開催のための会場使用料、事務経費、郵送料、交通費、デモや街頭アクション開催のための車両レンタル代、横断幕制作費などの出費が見込まれます。今後も活発に活動を続けるためにも、ご支援・ご協力をお願いいたします。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

【NEWS!】移民難民PTが面会を続けていたMtFのミッシェルさんがついに仮放免になりました!「みなさんのおかげです。本当にありがとうございます」とご本人のコメントです。キャンペーン基金等へご協力くださった皆様に改めてお礼を申し上げます。

 2012年10月第1週、レインボー・アクション「移民・難民問題を考えるプロジェクト」チームがおよそ1年2ヶ月間の面会を続けていた、MtFのミッシェルさん(フィリピン出身)が、ついに仮放免になりました!ミッシェルさんは、「みなさんのおかげです。本当にありがとうございます」とコメントしています。

 2年以上の長期収容から、ようやく自由になりました。本当に久しぶりの収容施設の外での生活が始まり、環境の変化は大きく、食事や飲み物を自分で選ぶということにも、戸惑いがあるそうです。生活が落ち着いたら、今後はレインボー・アクションのメンバーとして活動したいと話しています。

 キャンペーン基金など、ご協力くださったみなさまに、改めてお礼を申し上げます。また、レインボー・アクション移民難民PTは、いまだ収容中の方への面会活動を今後も引き続き行っていきます。暖かいご支援のほど、どうぞよろしくお願い致します。

◆いまだ牛久入管に収容されている方々をサポートするために。
【引き続きキャンペーン継続中】レインボー・アクション移民・難民問題を考えるプロジェクト 『東日本入国管理センター被収容者支援キャンペーン2012』




レインボー・アクションは、「市井に生きるセクシュアル・マイノリティと友人たちの生活感覚と存在を、社会的に可視化して行く目的」で活動しています。
公式サイト
http://www.rainbowaction.net/
Twitter
https://twitter.com/#!/Rainbow_Action
Facebook
http://www.facebook.com/RainbowAction

レインボー・アクションの活動はカンパで運営しています。上記の活動を続けるには、ミーティングやイベント開催のための会場使用料、事務経費、郵送料、交通費、デモや街頭アクション開催のための車両レンタル代、横断幕制作費などの出費が見込まれます。今後も活発に活動を続けるためにも、ご支援・ご協力をお願いいたします。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

Rainbow ACTION

Rainbow ACTION

Author:Rainbow ACTION
●お問い合わせはこちらまで。
rainbowaction.net@gmail.com

最新記事
リンク
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。