東京都議会に対して、やじ問題に関する陳情を提出しました!



 レインボー・アクションの請願・陳情チームでは、東京都議会におけるやじをめぐる問題について、このたび、陳情を提出いたしました。

 「早く結婚した方がいいんじゃないか」

 「自分が産んでから」

 などといった一連の発言は、多様な性のあり方を否定し、性別に基づく固定的な役割を強制する差別発言です。ひとりひとりの多様な生き方を、完全に無視した発言と言わざるを得ません。

 このような発言が、議場において二度と繰り返されることがないよう、4点にわたって陳情を提出しました。なお、本問題に関する請願・陳情は、他に6の団体・個人から提出されています。
http://www.gikai.metro.tokyo.jp/petition/seigan2014-t3.html

 今後のスケジュールですが、まず、11月頃までに開催される議会運営委員会において審議されることとなり、その後、年内に実施される、第4回定例会にて採決される見通しです。今後の議会における審議状況にもご注目ください。

 レインボー・アクションでは、これからも、都議会を始め、様々な自治体における活動を進めていきたいと考えています。




平成26年第2回定例会におけるやじをめぐる問題についての陳情

2014年9月30日提出
東京都議会議長
吉野 利明  殿
レインボー・アクション 請願・陳情チーム

(願意)

 都議会において次の4点を実施していただきたい。

 1 平成26年第2回定例会におけるやじをめぐる問題について、公開の議会または委員会において議題とし、事実関係を共有し明らかにすること

 2 東京都議会会議規則に、議員による人権侵害の禁止を盛り込むこと

 3 議事の経過と内容を正確に記録するため、議場および委員会室の全体を録画し録音すること

 4 全議員を対象として、人権に関する研修を実施し、全ての議員の参加を義務づけること

(理由)

 平成26年の東京都議会第2回定例会において、質問中の塩村文夏議員に対し、「早く結婚した方がいいんじゃないか」「自分が産んでから」などのやじが発せられました。

 この一連の発言は、「女性」に対する差別発言であることは言うまでもありませんが、生まれたときに割り当てられた性とは異なる性を生きる人や、同性を性的指向の対象とする人、また、社会から強制される性役割に違和感を抱く人など、様々な人たちに対する差別発言でもあります。性別に基づく固定的な役割を強制する、性別役割分業を前提とした差別発言であり、ひとりひとりの多様な性のあり方を、完全に無視した発言と言わざるを得ず、そうした生き方を否定し認めない発言です。

 報道によれば、複数の議員からやじが発せられたとのことですが、1人の議員が名乗り出て謝罪をしたこと、また、「東京都議会の信頼回復に関する決議」を可決することにより、この問題の幕引きが図られようとしています。名乗り出たからといって、決して許されるものではありませんが、1人の議員にその責任を押し付けて、あたかも解決したかのように扱い、議会の信頼回復を図るなど、到底、市民の理解を得られることではありません。事実関係を明らかにし、議会において再発防止策を徹底することこそ、必要ではないでしょうか。

 そこで、都議会において、次の4点を実施していただくことを求めます。

 第一に、市民に対して事実関係を共有し明らかにするため、公開の議会または委員会において、平成26年第2回定例会におけるやじをめぐる問題を議題とすることを求めます。

 報道によって明らかにされている議場での発言は、どれも許容できる内容のものではありません。また、各会派において実施された調査についても、公の場において、その内容が明らかにされていません。市民に対し事実関係を明らかにし、責任の所在を明確にすることが必要です。

 第二に、東京都議会会議規則に、議員による人権侵害の禁止を盛り込むことを求めます。

 もとより、人権侵害はどのような場合であっても許されるものではありませんが、改めてその意思を明確にするとともに、再発を防止するために、人権侵害を禁止することを、会議規則において明文化することが必要です。

 第三に、議事の経過と内容を正確に記録するため、議場および委員会室の全体を録画し録音することを求めます。

 議場及び委員会室における議事の記録に当たっては、特定の発言者だけでなく、他の出席者の発言や動静についても、録画し録音することが必要です。議事は、議場からの意思表示によって進行することもあり、そのような意思表示のあり方を明確に記録しておくことは、市民に対する情報公開として必要不可欠な要素です。

 第四に、全議員を対象として、人権に関する研修を実施し、全ての議員の参加を義務づけることを求めます。

 現代社会における人権をめぐる課題は、日々複雑化しています。そしてその解決には、様々な施策を一体的・総合的に運用し活用していくことが求められます。新しい課題に対応し、都議会における政策形成をさらに発展させるためにも、全議員が参加する人権研修の実施が必要です。



レインボー・アクションは、「市井に生きるセクシュアル・マイノリティと友人たちの生活感覚と存在を、社会的に可視化して行く目的」で活動しています。
公式サイト
http://www.rainbowaction.net/
Twitter
https://twitter.com/#!/Rainbow_Action
Facebook
http://www.facebook.com/RainbowAction

◆レインボー・アクションの活動はご寄付や助成金で運営しています。上記の活動を続けるには、ミーティングやイベント開催のための会場使用料、事務経費、郵送料、交通費、デモや街頭アクション開催のための車両レンタル代、横断幕制作費などの出費が見込まれます。今後も活発に活動を続けるためにも、ご支援・ご協力をお願いいたします。
カンパに関する詳細はこちら。

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

第15回「かもカフェ」を開催します

かもカフェ
 10月5日(日)に第15回「かもカフェ」を開催します。日曜日の午後、穏やかな雰囲気の中で話しませんか?

【かもカフェって何?】
 「かもカフェ」は、セクシャルマイノリティ(性的少数者)「かも」知れない人、過去に「かも」知れないと思っていた人の集まりです。「かも」知れない、と悩んでいる人、「かも」知れないと思っている人、どちらでも構いません。

開催日時:10月5日(日) 13時半から15時半まで
開催場所:天沼会議室・和室2(別館)(東京都杉並区天沼三丁目34-38)
 JR中央線「荻窪」駅北口、地下鉄丸の内線「荻窪」駅北口より徒歩8分
 ※天沼会議室は杉並区の公共施設です。
地図:http://goo.gl/maps/l2M3P
行き方:荻窪駅北口より青梅街道を阿佐ヶ谷方面に向かい、途中「天沼八幡通り」(ファミリーマート天沼三丁目店の角)で左折、そのまま直進します。ゆるやかに曲がる道沿いに「天沼八幡神社」が見えてきます。そこを過ぎると道が二手に分かれているので、そこを右折。直進しすぐです。手前右側に天沼会議室の本館があり、その斜め前左側に別館(和室2)があります。
参加費:300円(基本的にはお茶とお菓子代ですが、残金が出た場合はレインボー・アクションの今後の活動費とさせていただきます)
※予約の必要はありません。当日そのままおいでください。

 「男性なのに男性が好きかも知れない」「女性なのに女性が好きかも知れない」「男女両方の性が好きかも知れない」「男女関係なく好きかも知れない」

 「身体は男性に生まれたけれど、女性として見られたいかも知れない」「身体は男性に生まれたけれど、どちらの性か分からない(見られたくない)かも知れない」「身体は女性に生まれたけれど、男性として見られたいかも知れない」「身体は女性に生まれたけれど、どちらの性か分からない(見られたくない)かも知れない」「男女どちらの性であるかも知れない」「男女の中間かも知れない」「そもそも性別なんかよく分からないかも知れない」

 「男性として見られたい、だけど男性が好きかも知れない」「女性として見られたい、だけど女性が好きかも知れない」「複数の人が好きになってしまうかも知れない」「もしかしたら自分は人を好きにならない(なれない)かも知れない」「人は好きになるけど肉体的な接触が苦手かも知れない」

 「上のすべてには当てはまらないけれど、自分はもしかしたら『普通の人』と呼ばれている人とは違うかも知れない」等々、、「自分はもしかしたら『セクシャルマイノリティ(性的少数者)』かも知れない」「だけどそんな自分を受け入れられない」と悩んでいる人はいませんか?

 一人で悩んでいる人、自分以外の悩んでいる人と会いたい人、自分の悩みを聞いて欲しい人、人の悩みを聞いてみたい人、誰かと一緒に話し合ってみたい人、ただそこにいたい人、そして「自分も過去にそう思ってたよ」と思っている人、そういう人の集まりが「かもカフェ」です。

 「かもカフェ」では「セクシャルマイノリティ(性的少数者)かも」と思う人なら、年齢、性別(分からない人、決めたくない人を含む)、国籍、パートナーの有無など一切問いません。どんな人でも参加できます。お友達同士やカップル同士、お子さま連れ(親子連れ)の参加も歓迎します。

 そして「かもカフェ」は、自分が「どんな種類の人間なのか」について決めつける場ではありません。決めるのは自分自身です。決めたくないのであれば、決める必要はないと考えています。ただ、話し合うことや相手の話を聞くことによって少しでも「自分一人じゃないんだ」という安心感のようなものが得られたらいいなあと思っています。

 こういう場に一人で参加するのが怖い、という気持ちはよく分かります。今はまだそんなところに行くことはできないよ、と思う気持ちも分かります。だけど「行ってみたい」と思う気持ちが出てきたら、ほんの少しの勇気を振り絞って、参加してみませんか?

お問い合わせがあればこちらまで:rainbowaction.net@gmail.com
ツイッターアカウントもできました:https://twitter.com/RA_cafeproject

世話人:Ron(ろん)
'68年(昭和43年)生まれ、今まではレズビアン自認でしたが、ジェンダー違和もあるんじゃないかと思っています(性別違和はない)。東京出身ですが、地方に在住していたこともあります。今は付き合って13年、同居して9年になるパートナー、猫と一緒に暮らしています。ちょっと人見知りなところはありますが、できるだけ話しやすい場を作っていきたいと思っています。

文責:カフェプロジェクトチーフ Kuramoto (Ron) Chieko




レインボー・アクションは、「市井に生きるセクシュアル・マイノリティと友人たちの生活感覚と存在を、社会的に可視化して行く目的」で活動しています。
公式サイト
http://www.rainbowaction.net/
Twitter
https://twitter.com/#!/Rainbow_Action
Facebook
http://www.facebook.com/RainbowAction

◆レインボー・アクションの活動はご寄付や助成金で運営しています。上記の活動を続けるには、ミーティングやイベント開催のための会場使用料、事務経費、郵送料、交通費、デモや街頭アクション開催のための車両レンタル代、横断幕制作費などの出費が見込まれます。今後も活発に活動を続けるためにも、ご支援・ご協力をお願いいたします。
ご寄付に関する詳細はこちら。

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

第15回「ゆるカフェ」を開催します

 

 9月7日(日)に第15回「ゆるカフェ」を開催します。日曜日の午後、穏やかな雰囲気の中で話しませんか?

【ゆるカフェって何?】
 「ゆるカフェ」は「セクシャルマイノリティ(性的少数者)」をキーワードにした集まりです。

開催日時:9月7日(日)13時半から15時半まで
開催場所:天沼会議室・和室2(別館)(東京都杉並区天沼三丁目34-18)
 JR中央線「荻窪」駅北口、地下鉄丸の内線「荻窪」駅北口より徒歩8分
 ※天沼会議室は杉並区の公共施設です。
地図:http://goo.gl/maps/l2M3P
行き方:荻窪駅北口より青梅街道を阿佐ヶ谷方面に向かい、途中「天沼八幡通り」(ファミリーマート天沼三丁目店の角)で左折、そのまま直進します。ゆるやかに曲がる道沿いに「天沼八幡神社」が見えてきます。そこを過ぎると道が二手に分かれているので、そこを右折。直進しすぐです。手前右側に天沼会議室の本館があり、その斜め前左側に別館(和室2)があります。
参加費:300円(基本的には場所、お茶、お菓子代ですが、残金が出た場合はレインボー・アクションの今後の活動費とさせていただきます)
※予約の必要はありません。当日そのままおいでください。

 「セクシャルマイノリティだと自覚している人」「普段はセクシャルマイノリティとしてカミングアウトはしていないけれど、自分を隠さずにいられる場所に行きたい人」「セクシャルマイノリティで他のセクシャルマイノリティと知り合いになりたい人」

 「セクシャルマイノリティではないけれど、セクシャルマイノリティと知り合いになりたい人」「セクシャルマイノリティの知り合いはいるけれど、他のセクシャルマイノリティとも知り合いになりたい人」「他のマイノリティに属していて、セクシャルマイノリティとも知り合いになりたい人」

 「突然友人からカミングアウトされて戸惑っている人」「子どもにカミングアウトされて戸惑っている人」「配偶者がセクシャルマイノリティである人」「親がセクシャルマイノリティである人」「既婚者だけどセクシャルマイノリティである人」等々、、「セクシャルマイノリティ(性的少数者)」がキーワードになれば、どなたでも参加できます。年齢や性別(分からない人、決めたくない人を含む)、国籍、パートナーの有無など一切問いません。お友達同士やカップル同士、お子さま連れ(親子連れ)の参加も歓迎します。

 「ゆるカフェ」はゆる~い話をするゆる~い集まりをモットーとしていますので、ここでされる話はお堅いセクシャルマイノリティ関係の話の場のみにはしないつもりです。その場で「こんなことを話してみたい」「こんなことを聞いてみたい」と思う人がいれば、それに沿って話を進めていきます。基本的にはその回で話し合うことは、そのとき、そのときの雰囲気で決めたいと思っています。

 「ゆるカフェ」でゆる~く、楽しい(しかしときには重いかも知れない)話をみんなでしてみませんか?話し合いの中に参加せず「ただその場にいて話を聞いてみたい人」も是非来て下さいね。

お問い合わせがあればこちらまで:rainbowaction.net@gmail.com
ツイッターアカウントもできました:https://twitter.com/RA_cafeproject

世話人:Ron(ろん)
'68年(昭和43年)生まれ、今まではレズビアン自認でしたが、ジェンダー違和もあるんじゃないかと思っています(性別違和はない)。東京出身ですが、地方に在住していたこともあります。今は付き合って13年、同居して9年になるパートナー、猫と一緒に暮らしています。ちょっと人見知りなところはありますが、できるだけ話しやすい場を作っていきたいと思っています。

文責:カフェプロジェクトチーフ Kuramoto (Ron) Chieko




レインボー・アクションは、「市井に生きるセクシュアル・マイノリティと友人たちの生活感覚と存在を、社会的に可視化して行く目的」で活動しています。
公式サイト
http://www.rainbowaction.net/
Twitter
https://twitter.com/#!/Rainbow_Action
Facebook
http://www.facebook.com/RainbowAction

◆レインボー・アクションの活動はご寄付や助成金で運営しています。上記の活動を続けるには、ミーティングやイベント開催のための会場使用料、事務経費、郵送料、交通費、デモや街頭アクション開催のための車両レンタル代、横断幕制作費などの出費が見込まれます。今後も活発に活動を続けるためにも、ご支援・ご協力をお願いいたします。
ご寄付に関する詳細はこちら。

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

Rainbow ACTION

Rainbow ACTION

Author:Rainbow ACTION
●お問い合わせはこちらまで。
rainbowaction.net@gmail.com

最新記事
リンク
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ