東京レインボープライド2013、レインボー・アクションはこんな感じで参加しました!写真による参加報告です。 #TRP2013



 4月28日(日)に開催された東京レインボープライド2013に、レインボー・アクションは初めてブース出展で参加しました!ブースからはUSTREAMで「タブーなし!ぶっちゃけトーク」を生配信したのですが、なにせ参加者が多くてモバイル機器の使用数も高かったようで、電波状況が悪い悪い!配信が途切れがちになってしまったり、アーカイブ映像が残せなかったりと技術面での課題にも直面してしまいました。



 ただ、次から次へと様々な地域から、様々なセクシュアリティの方々がトークに参加してくださり、会場の熱気の中にいるからこそ感じることを本音で語ってくださり、企画の内容としては価値のあるものだったと思います。来年以降もぜひこうした機会を設けられるように、技術面の改善をめざし研究しようと思います。



 パレード参加にあたって今回、レインボー・アクションのバナーを新調してみました。これはパレード以外の場所でもなにかと使える!というわけで、今後あちこちで活用されることになると思います。



 パレードの隊列には、xラウンジがTrue Colors Projectの皆さんと合同で先頭フロートを歩き、様々なセクシュアリティの参加者がいることをアピールしました。また、レインボー・アクションでは、これまでに当会がデモ等で使用してきたプラカードの貸し出しも行い、パレードのあちこちで、沿道に向けてメッセージを発信していました。 



 パレード終了後の夜、四谷地域センターで行った「パレードおつかれ~!カフェ」には、活動経験やパレード参加経験を問わないというコンセプトで行ったことによって、はじめてセクシュアルマイノリティ関連の交流会に参加された方なども来てくださいました。さまざまな立場の方々の参加によって議論が始まったのですが、なかなか白熱し、その話の中から「これから大事に取り組んでいく必要性があること」なども見つけられる機会になりました。

 レインボー・アクションでは今年の参加方法は実験的な意味合いが強かったわけですが、ブースからのUSTREAM配信、プラカード貸し出し、あらゆる人に門戸を開いたコンセプトでの交流会開催など、どれも「また次回も続けていきたい」と思える手ごたえが得られました。今後も、新たな着眼点から新たな活動を根付かせる「レインボー・アクションならではの方向性」を大事に、日々の活動を続けてまいります。

 パレード当日にさまざまな形で参加してくださった皆様、ご協力くださった皆様、ありがとうございました!



レインボー・アクションは、「市井に生きるセクシュアル・マイノリティと友人たちの生活感覚と存在を、社会的に可視化して行く目的」で活動しています。
公式サイト
http://www.rainbowaction.net/
Twitter
https://twitter.com/#!/Rainbow_Action
Facebook
http://www.facebook.com/RainbowAction

レインボー・アクションの活動はカンパで運営しています。上記の活動を続けるには、ミーティングやイベント開催のための会場使用料、事務経費、郵送料、交通費などの出費が見込まれます。今後も活発に活動を続けるためにも、ご支援・ご協力をお願いいたします。

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

Rainbow ACTION

Rainbow ACTION

Author:Rainbow ACTION
●お問い合わせはこちらまで。
rainbowaction.net@gmail.com

最新記事
リンク
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ