【XラウンジからNEWS!】参議院議員の尾辻かな子さんへのレインボー・アクションの陳情で、Xラウンジから要望書を提出しました。



 5月27日(月)の夕方にレインボー・アクションのメンバーと、参議院議員の尾辻かな子さんに陳情を行いました。この陳情には、同じく参議院議員の大河原まさこさんも同席していただけました。

その時の様子はこちらになります。

 今回、Xラウンジからは「日本でXジェンダーにまとめられる男でも女でもない性自認にあてはまる人たちについての要望書」を提出させていただきました。その要望書を公開します。
(要望書)



2013年5月27日

尾辻かな子 様
レインボー・アクション Xラウンジ
ハマカワアツキ

日本でXジェンダーにまとめられる男でも女でない性自認についての要望書


拝啓
 お忙しい中、レインボー・アクションとの面会をしていただき、ありがとうございます。
 今回、日本ではXジェンダーにまとめられる性自認に当てはまる人のことで要望させていただきたいことがあります。

 日本では、性自認が男でも女でもない人のことをXジェンダーといいます。他国ではXジェンダーとはいいません。

 Xジェンダーという用語は、1990年代後半に大阪で使われ始めたそうです。

①日本でXジェンダーにまとめられる性自認とは何か

・中性・・・自分のことを男と女の中間であると認識する人の性自認のこと
・両性・・・自分のことを男でも女でもあると認識する人の性自認のこと
・無性・・・自分のことを男とも女とも男と女の中間とも男と女の両方ともある特定の2つの性の間で自認する性が揺れ動くとも認識しない人の性自認のこと
・不定性・・・ある特定の2つの性の間で自認する性が揺れ動く人の性自認のこと
この不定性は、ある特定の2つの性が男と女の間とは限りません。例えば、中性と男の間で自認する性が揺れ動くという不定性当事者の方もいます。
・性自認が男でも女でもないことは分かったが、その性自認が何かまだ分かっていない

②Xジェンダーにまとめられる性自認にあてはまる人について

 Xジェンダーにまとめられる性自認に当てはまる人は大まかに3つに分類することができます。

(1)自分は男でも女でもない性自認ということをはっきりと自覚していて、男と女の人のどちらかに属すことに違和がある人
この中には自分は、性自認と身体的性別が一致していないということから「トランスジェンダー」だと思う人がいます。
(2)自分は男でも女でもない性自認だと自覚しているが、男か女のどちらかに属すことに違和がない人
(3)自分は男でも女でもない性自認に当てはまる感覚があってもそのことを男でも女でもない性自認とは思わない人

(2)と(3)に当てはまる人の中には、例えば、自分には性自認がないと自覚していても、身体的性別が女で、性的指向が女の人ということでレズビアン、自分のことを男だと思う割合が7割、女だと思う割合が3割で、身体的性別が男で、性的指向が男の人ということでゲイというように男と女でセクシュアリティの説明がつくセクシュアリティの人が自認するセクシュアリティに自分自身を当てはめる人がいます。

③Xジェンダーにまとめられる性自認の現状について

 Xジェンダーにまとめられる性自認に当てはまる人のセクシュアリティは様々です。だから、Xジェンダーに当てはまる性自認の多くの人の現状伝えることは難しいです。

 今回は、ハマカワの現状について書かせていただきます。

 私、ハマカワのセクシュアリティは、以下のようになります。
・性自認・・・無性
・身体的性別・・・男
・見た目の性別・・・男
・社会の中で属している性別・・・男
・性他認・・・男
・戸籍上の性別・・・男

 私のセクシュアリティは性自認以外男になります。しかし、私のセクシュアリティに男があることに違和があります。性自認が男でない私は、自分自身のことを男ではないと確信していますが、見た目では男の人にしか見えないので、生活上では私と関わる人には男としてしか扱われません。毎回、男に扱われる度に心の中で「男ではありません」と思います。

④Xジェンダーに関することが書かれている書籍

・「トランスジェンダーフェミニズム」田中玲著 インパクト出版
・「変えてゆく勇気−−「性同一性障害」の私から」上川あや著 岩波出版
 もっと詳しく知りたい人のために4ページの「トランスジェンダー」の説明に男と女の間で性自認がゆれうごく不定性、無性、中性について記述された部分があります。
 
⑤要望

 日本でXジェンダーにまとめられる性自認に当てはまる人の情報はありません。そのことで、自分の性自認が男でも女でもない違う性自認であることについて調べることは非常に難しいです。Xジェンダーについて知識がないとなると、書籍を見つけることはできません。
 そこで、男でも女でもない性自認について議会やメディアなどの取材の際に取り上げていただきたいです。
 情報がないということは、自分が男でも女でもない性自認であることに気が付いても情報がないということで「そんなことを思う人は自分だけ」と孤独になります。それに、男でも女でもない性自認であるのに社会生活を行う上で男扱いされてしまうことや女扱いされてしまうことへの対処法を見出だすこともできません。

取り上げていただけるのであれば以下のことを取り上げていただきたいです。
・日本でXジェンダーにまとめられる性自認に当てはまる人がいること
・Xジェンダーにまとめられる性自認に当てはまる人の中には、男と女とは違う性自認を社会的に認めてほしい人がいるということ
・行政上の書類の性別欄を無くす
・戸籍上の性別を無くす(無くすことができないのであれば、中性・両性・無性・不定性・不明なども表記できるようにしてほしい)


ご検討よろしくお願いたします。
敬具

レインボー・アクションXラウンジ
ハマカワアツキ




 レインボー・アクション Xラウンジは今後も日本でXジェンダーにまとめられる男でも女でもない性自認についての活動を行います。引き続き、ご理解・ご支援・ご協力よろしくお願いいたします。

レンボー・アクション Xラウンジ
ハマカワアツキ



レインボー・アクションは、「市井に生きるセクシュアル・マイノリティと友人たちの生活感覚と存在を、社会的に可視化して行く目的」で活動しています。
公式サイト
http://www.rainbowaction.net/
Twitter
https://twitter.com/#!/Rainbow_Action
Facebook
http://www.facebook.com/RainbowAction

レインボー・アクションの活動はカンパで運営しています。上記の活動を続けるには、ミーティングやイベント開催のための会場使用料、事務経費、郵送料、交通費、デモや街頭アクション開催のための車両レンタル代、横断幕制作費などの出費が見込まれます。今後も活発に活動を続けるためにも、ご支援・ご協力をお願いいたします。

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

Rainbow ACTION

Rainbow ACTION

Author:Rainbow ACTION
●お問い合わせはこちらまで。
rainbowaction.net@gmail.com

最新記事
リンク
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ