スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レインボー・アクション設立から1周年!現行のプロジェクトとチーム体制は、こちらです。今後も10年・20年のスパンで活動を続けてまいります。

 2010年12月に『石原都知事の同性愛者差別発言に抗議する有志の会』として発足し、2011年4月23日に『レインボー・アクション』へと改名し、「市井に生きるセクシュアル・マイノリティと友人たちの生活感覚と存在を、社会的に可視化して行く目的」で活動を続けてきた当会も、設立から4月23日で1周年となりました。

 この間、多くの方々にご支援・ご協力を賜りまして、本当にありがとうございました。当会は今後も引き続き、10年・20年のスパンで中長期的に、「市井に生きるセクシュアル・マイノリティと友人たちの生活感覚と存在を、社会的に可視化する活動」を展開してまいります。引き続きのご支援・ご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。



【レインボー・アクションチーム・プロジェクト・交流活動の編成】

■プロジェクト■

・・・「何らかの具体的な結果を出す」ことを目的に中・長期的活動を行う。

【移民・難民問題を考えるプロジェクト】
●日本の入国管理局の収容施設には、移民や難民の人々が不明確な基準に基づいて収容されている。被収容者にはセクシュアル・マイノリティ当事者や、そうと思しき人たちもいる。かれらの収容の処遇は、公的書類の”登録上”の二元的な男/女のジェンダーによってなされ、当事者のアイデンティティやニーズは無視されている。また、本国に送還された場合に命の危険があり帰国が危険な場合があるにも関わらず、日本に引き続き滞在するという選択肢はほとんど残されていないことが分かってきた。これまでの移民・難民に関する問題を学びなおしながら、現在進行形で行われている差別的待遇の改善を訴え、また当事者からのニーズへの対応を考える。

【メディア・アーカイブプロジェクト】 NEW!
●日本の映像メディアや紙媒体マスメディア等で取り上げられてきたセクシュアル・マイノリティに関する報道や記述の「デジタル・アーカイブ」を行う。紙媒体もアーカイブ対象とし、各所に散在し、残りにくかった歴史をデジタル化して残して行く。また、現在のマスメディア分析を進めるトークイベントや研究会の開催も行う。

【「国際人権基準」の実現プロジェクト】 NEW!
●国連にセクシュアル・マイノリティに関する機関を設置することを目指すとともに、様々な制度・枠組みを通じて、日本のセクシュアル・マイノリティの現状を世界に発信する。また、日本においても、国際人権基準に合致した政策・制度が実現するよう働きかけをすすめる。

【教育プロジェクト】 NEW!
●教育現場にセクシュアル・マイノリティの視点を入れ、セクシュアル・マイノリティの生徒や職員が、より安心して安全に過ごすことのできる教育現場の実現に向けた活動を行う。

【セクシュアル・マイノリティのためのダイバーシティ実現プロジェクト】 NEW!
●職場環境に セクシュアル・マイノリティの視点を入れ、より安心して安全に働くことができる職場環境の実現に向けて、勤務者や管理者の立場で何ができるのかを考え、各所に働きかけていく活動を行う。就業規則の作成や改訂、社内ネットワークの形成促進、パンフレット作成などを予定。

【カフェプロジェクト】 NEW!
●「ゆるカフェ」と「かもカフェ」を隔月毎にパフスペースで開催し、さまざまな人々の交流を促進する。

【セクシュアル・マイノリティへの差別発言抗議プロジェクト】 NEW!
●2010年12月の「石原都知事の同性愛者差別発言」のような公人によるセクシュアル・マイノリティへの差別発言があった場合、迅速に抗議活動を行い謝罪・撤回を求める。また、再発防止を促す社会構造を構想する。



■ラウンジ■

【Xラウンジ】 NEW!
●自分の性別は男でも女でもないと思っている人、自分の体が女の体か男の体かはっきりしていない人、女か男かで人を分ける考え方が合わない人、そうした人たちと交流したい人たちで集まって、世の中に対して何ができるかを考え行動する。



■チーム■
・・・レインボー・アクションが続く限り恒久的に活動を続ける常駐チーム。

【街頭アクションチーム】
●特定のテーマを効果的にアピールする世論喚起のための手段として、街頭アクションやデモなどを行う。

【イベントチーム】
●イベントを定期的に開催し、セクシュアル・マイノリティ関連テーマと、それ以外の分野での社会的なマイノリティに関するテーマを有機的に結びつけるなど、多くの人が一堂に会し、出会いと繋がり作りを促進する

【メディア対策チーム】
●テレビや新聞・雑誌等のマスメディアによるセクシュアル・マイノリティ描写における差別的・人権侵害的・侮蔑的表現があった際に、その誤りや危険性をセクシュアル・マイノリティの立場から指摘し、謝罪や撤回を求めたり、再発防止のための理解促進を促す。

【翻訳チーム】
●活動内容の情報発信や団体間の連携など、レインボー・アクションの活動に必要な翻訳を担う。

【請願・陳情チーム】
●国や自治体などの政策に対して、様々な手段・方法を通じて、セクシュアル・マイノリティの視点を盛り込み、反映させるだけでなく、具体的な施策の実現に向けて活動を展開する。また、実践を積み重ねることで、政策実現のための方法論を確立し、共有を図ることによって、全国各地でセクシュアル・マイノリティに配慮のある政策が実現できるよう促す。

【アンケートチーム】
●セクシュアル・マイノリティに関するアンケートを、たとえば選挙の立候補者に行うなどして集計、発表する。



★各プロジェクトやチームへの登録希望者は、以下のメールアドレスまで御連絡ください。
rainbowaction.net@gmail.com


★初年度からの変更点
・新規設置・・・「国際人権基準」の実現プロジェクト、教育プロジェクト、セクシュアル・マイノリティのためのダイバーシティプロジェクト、カフェプロジェクト、Xラウンジ。
・「石原都知事の同性愛者差別発言に抗議するプロジェクト」は、「セクシュアル・マイノリティへの差別発言抗議プロジェクト」に改名しました。
・「デモチーム」は「街頭アクションチーム」に改名しました。
・「選挙アンケートチーム」は「アンケートチーム」に改名しました。
・「都知事リコールプロジェクト」は「請願・陳情チーム」に合併しました。

★上記以外にも新プロジェクト準備中。さらに「こういう活動があったらいいのに」と思われる方は、ぜひアイデアをお寄せください。

★当会の活動へのカンパも引き続き受け付けております。上記の活動を続けるには、ミーティングやイベント開催のための会場使用料、事務経費、郵送料、デモ開催のための車両レンタル代、横断幕制作費などの出費が見込まれます。今後も活発に活動を続けるためにも、ご支援・ご協力をお願いいたします。

●郵便振替となります。郵便局で用紙をもらって以下の口座へお振り込み下さい。

口座番号 00100-1-547448
加入者名 有志の会

●銀行からも振り込みが可能です。ゆうちょ銀行宛にお願いします。その場合、手数料が若干余計にかかってしまいますが、ご了承ください。

ゆうちょ銀行 019支店 当座 0547448 ユウシノカイ

★当会では会計担当者と会計監査役を置き、お寄せいただいたカンパの管理は厳正に行わせていただき、必ず「活動のための実費」としてのみ使用させていただきます。




レインボー・アクションは、「市井に生きるセクシュアル・マイノリティと友人たちの生活感覚と存在を、社会的に可視化して行く目的」で活動しています。
公式サイト
http://www.rainbowaction.net/
Twitter
https://twitter.com/#!/Rainbow_Action
Facebook
http://www.facebook.com/RainbowAction

レインボー・アクションの活動はカンパで運営しています。上記の活動を続けるには、ミーティングやイベント開催のための会場使用料、事務経費、郵送料、交通費、デモや街頭アクション開催のための車両レンタル代、横断幕制作費などの出費が見込まれます。今後も活発に活動を続けるためにも、ご支援・ご協力をお願いいたします。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

Rainbow ACTION

Rainbow ACTION

Author:Rainbow ACTION
●お問い合わせはこちらまで。
rainbowaction.net@gmail.com

最新記事
リンク
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。