スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【9月から共催で連続勉強会!】具体的に考えよう~人権機関の役割とは~ 第1回「ホームレスと生活保護」9/10(月)開催●スピーカー:稲葉剛さん(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい代表理事)

 レインボー・アクションも賛同し、2月から院内集会や市民集会の開催スタッフとして参加してきた「わたしたちが使える国内人権機関を!」実行委員会が、9月から個別の人権課題に関する連続勉強会を開くことになりました。その第1回目は「ホームレスと生活保護」。

 以降、さまざまなテーマで勉強会が行われます。国内のさまざまな人権問題の「今」を知り、社会の構造として「何が必要なのか」を探り考える機会になりますので、ぜひ奮ってご参加ください。レインボー・アクションのメンバー有志も運営スタッフとして参加します。




【連続勉強会】具体的に考えよう~人権機関の役割とは~
第1回「ホームレスと生活保護」


 昨今、あるタレントの事件を引き金に集中的な生活保護叩きが起こりました。そうした中、公園で寝起きするホームレスの人々の追い出しがますます加速しています。

 経済的に貧しく、人とのつながりにおいても孤立しているホームレスの人びとの生活と人権はどう守られるべきなのか。それはホームレスの人びとだけの問題ではありません。実際に問題に取り組まれている「NPO法人自立生活センターもやい」の代表理事・稲葉剛さんをお迎えし、ホームレスの人びとを取り巻く問題に国内人権機関はどう対処することができるのか。役に立つ国内人権機関とは?を考えます。

■日時;2012年9月10日(月)18時半~20時半(18時受付開始)

■場所:大阪経済法科大学麻布台セミナーハウス4階中研修室
http://www.keiho-u.ac.jp/research/asia-pacific/access.html

■資料代:500円

■スピーカー:稲葉剛さん(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい代表理事)

■主催:人権政策制度研究会

■共催:
アムネスティ・インターナショナル日本
石原都知事の女性差別発言を許さず、公人による性差別をなくす会
選択議定書と国内人権機関を実現する共同行動
レインボー・アクション

■連絡先:teramako@teramako.jp 070-5599-6571(寺中)




レインボー・アクションは、「市井に生きるセクシュアル・マイノリティと友人たちの生活感覚と存在を、社会的に可視化して行く目的」で活動しています。
公式サイト
http://www.rainbowaction.net/
Twitter
https://twitter.com/#!/Rainbow_Action
Facebook
http://www.facebook.com/RainbowAction

レインボー・アクションの活動はカンパで運営しています。上記の活動を続けるには、ミーティングやイベント開催のための会場使用料、事務経費、郵送料、交通費、デモや街頭アクション開催のための車両レンタル代、横断幕制作費などの出費が見込まれます。今後も活発に活動を続けるためにも、ご支援・ご協力をお願いいたします。

コメントの投稿

非公開コメント

Rainbow ACTION

Rainbow ACTION

Author:Rainbow ACTION
●お問い合わせはこちらまで。
rainbowaction.net@gmail.com

最新記事
リンク
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。