石原都知事の同性愛者差別発言から今日で2年。問題化できない社会はその後、変わったでしょうか?



 今日は12月3日。石原都知事が2010年に都庁で同性愛者に対する差別発言の第一弾を行ってからちょうど2年が経過しました。公人があのような発言を公的な場でメディアの前で堂々と行ってもペナルティが課されない社会のありようは、相変わらずのままです。しかも、法務省が主導し東京都も主催している「人権週間」の啓発強調事項に「性的指向を理由とする差別をなくそう」「性同一性障害を理由とする差別をなくそう」と明記されているにもかかわらず行われた発言という事実は、より深刻に受け止めるべき事態であったと思います。

 レインボー・アクションでは、そうした社会の構造を変えるべく引き続き粘り強く、「市井に生きるセクシュアルマイノリティとその友人たちの生活感覚と存在を、社会的に可視化していく目的」で活動て行きます。ご支援とご協力、よろしくお願いいたします。

現行のレインボー・アクションの活動体制はこちらをご参照ください。

 さて、レインボー・アクションでは11月20日(火)に、反差別国際運動(IMADR)の主催で開催された「日本におけるヘイトスピーチ 私たちはどう立ち向かうか」というイベントに参加し、石原都知事の同性愛者差別発言の詳細、そして、「抗議する有志の会」の発足から現在の「レインボー・アクション」の活動に至る経過を報告しました。請願・陳情チームチーフの藤田裕喜と代表の島田暁が発言した様子を動画でご覧ください。

レインボー・アクション活動紹介2012:島田暁・藤田裕喜


★石原都知事の同性愛者差別発言の詳細については、以下の「抗議する有志の会」時代のブログ記事をご覧ください。
石原都知事こそ「考えよう 相手の気持ち 育てよう 思いやりの心」(2010/12/23)
石原都知事の発言経緯
広がる波紋。メディア報道や当事者的スタンスからの動き

★集会やデモの動画はこちらです。
『石原都知事の同性愛者差別発言を受けて』(2010/12/13)
『石原都知事の同性愛者差別発言、なにが問題か?』(2011/01/14)
『差別発言に「NO」と言える日本を! 石原都知事の同性愛者差別発言に抗議する』(2011/04/16)

★次回イベントでも石原都知事の同性愛者差別発言問題を考えます。
【連続勉強会】具体的に考えよう~人権機関の役割とは~ 第2回「セクシュアル・マイノリティと人権」12/20(木)開催●レインボー・アクションのメンバー出演




イベント概要

集会「日本におけるヘイトスピーチ 私たちはどう立ち向かうか」

 日本では、部落、アイヌ民族、在日コリアン、移住者、琉球・沖縄の人びとなど、マイノリティ集団に対する憎悪発言(ヘイトスピーチ)や差別的発言が多発していますが、そのような発言を規制、禁止、あるいは処罰する法律は存在しません。

 8月28日、国連の人種差別撤廃委員会(CERD)は人種主義的なヘイトスピーチに関するテーマ別討論を開催しました。この問題は世界各地で起きており、国際的にも重大な問題として認識されています。

 日本でもヘイトスピーチの問題はますます顕著になり、深刻さを増しています。国際的な議論や各国におけるヘイトスピーチの対策から学ぶ必要性を認識し、人種差別撤廃NGOネットワークは日本におけるヘイトスピーチの問題について考える集会を東京および大阪で開催いたします。

 日本における事例を報告しながら、日本政府および国際社会に対する働きかけを考えていく機会とします。奮ってご参加ください。東京集会、大阪集会ともに、事前申し込みは不要です。直接会場へお越しください。

◆東京集会(レインボー・アクション参加)
日時:11月20日(火)午後6時30分より8時30分
場所:松本治一郎記念会館5階会議室(東京都中央区入船-1-7-1)
地下鉄日比谷線、JR京葉線・八丁堀駅 A2出口より徒歩3分、
地下鉄有楽町線・新富町駅 5番、7番出口より徒歩7分

プログラム
・現場からの報告:朝鮮学校への憎悪発言、公人による発言、他
・日本におけるヘイトスピーチ 現状と分析 前田朗さん(東京造形大学教授)
・国連でどのようなことが議論されたのか 白根大輔 (IMADRジュネーブ事務所国際アドボカシーコーディネーター)
・質疑応答
・政府、国際社会へのアピール提案(大阪へつなぐ)と議論

主催:人種差別撤廃NGOネットワーク(ERDネット)、反差別国際運動日本委員会(IMADR-JC)

問合せ:IMADR-JC 03-6280-3101
参加費:300円



レインボー・アクションは、「市井に生きるセクシュアル・マイノリティと友人たちの生活感覚と存在を、社会的に可視化して行く目的」で活動しています。
公式サイト
http://www.rainbowaction.net/
Twitter
https://twitter.com/#!/Rainbow_Action
Facebook
http://www.facebook.com/RainbowAction

レインボー・アクションの活動はカンパで運営しています。上記の活動を続けるには、ミーティングやイベント開催のための会場使用料、事務経費、郵送料、交通費、デモや街頭アクション開催のための車両レンタル代、横断幕制作費などの出費が見込まれます。今後も活発に活動を続けるためにも、ご支援・ご協力をお願いいたします。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

Rainbow ACTION

Rainbow ACTION

Author:Rainbow ACTION
●お問い合わせはこちらまで。
rainbowaction.net@gmail.com

最新記事
リンク
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ