アドボカシー・カフェ『セクシャル・マイノリティのことを知り 誰もが生きやすい社会を目指して ~地域社会から、性的な多様性を認め合う未来を実現していくには~』

 ソーシャルジャスティス基金と、レインボープライド愛媛が主催する「アドボカシー・カフェ」に、レインボー・アクションから島田暁が出演しますので、ご案内いたします。

 参加は申し込み制となり、出演者の発表のあと、グループディスカッションを行うワークショップ形式のイベントとなります。参加ご希望の方は、お早めにお申し込みください。

<以下、ソーシャルジャスティス基金告知ページからの転送です。転送大歓迎>




セクシャル・マイノリティのことを知り 誰もが生きやすい社会を目指して ~地域社会から、性的な多様性を認め合う未来を実現していくには~

 LGBTという言葉をご存じでしょうか。これは女性同性愛者(Lesbian)、男性同性愛者( Gay)、両性愛者( Bisexual)、性別の違和感を持つ人(Transgender)の頭文字です。アメリカのオバマ大統領が、第2期就任式でLGBTを人権上の問題だと平等を進めるメッセージを述べたニュースをご覧になった方もいるかもしれません。

 一方で日本では、セクシャル・マイノリティの方々に対する差別はまだ根強いものがあります。地域社会の中で、あたりまえの生活をしている実態のある存在だと想像していないような発言をする方も、残念ながら少なくありません。日本でのLGBTは人口の 5.2%もいると言われています。このように決して他人事ではない中で、これほどの人が隠れないと生きていけない社会は、何かが間違っているのではないでしょうか。

 今回の企画では、セクシャル・マイノリティが現実にぶつかる様々な壁を超えるための努力をなさっている 3 人の方をゲストに、6 人程のグループで参加者も含めた幅広い議論をしていきます。正直な姿で生きることが難しいということは、社会的な関係も持ちにくいということです。当事者の努力だけでは解決が難しい課題を社会や個人はどんな工夫で解決できるのか。「多様性を認めあう誰もが生きやすい地域社会」を創るアドボカシーカフェに、ぜひご参加ください。

*この活動はSJFの 2012年度助成事業です

■ ゲスト:
エディさん(レインボープライド愛媛代表)
島田暁さん(レインボー・アクション代表、映像作家)
石坂わたるさん(中野区議会議員)

■日時:3月23日(土)14:00~17:00(13:45 開場)
■場所:早稲田奉仕園 大会議室6ABC
 新宿区西早稲田 2-3-1(東西線・早稲田駅5分)
 http://www.hoshien.or.jp/map/map.html

■資料代:1000円(学生500円)

■主催:ソーシャル・ジャスティス基金、レインボープライド愛媛

■お申込:
http://socialjustice.jp/20130323.html
メール:info@socialjustice.jp
電話:03-5941-7948
FAX:03-3200-9250

ソーシャル・ジャスティス基金(SJF)
http://socialjustice.jp/
〒160-0021  新宿区歌舞伎町 2-19-13 ASK ビル 501

チラシPDFはこちら



レインボー・アクションは、「市井に生きるセクシュアル・マイノリティと友人たちの生活感覚と存在を、社会的に可視化して行く目的」で活動しています。
公式サイト
http://www.rainbowaction.net/
Twitter
https://twitter.com/#!/Rainbow_Action
Facebook
http://www.facebook.com/RainbowAction

レインボー・アクションの活動はカンパで運営しています。上記の活動を続けるには、ミーティングやイベント開催のための会場使用料、事務経費、郵送料、交通費、デモや街頭アクション開催のための車両レンタル代、横断幕制作費などの出費が見込まれます。今後も活発に活動を続けるためにも、ご支援・ご協力をお願いいたします。

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

Rainbow ACTION

Rainbow ACTION

Author:Rainbow ACTION
●お問い合わせはこちらまで。
rainbowaction.net@gmail.com

最新記事
リンク
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ